スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
6月14日(日)
三沢光晴が死んだ。
不思議なくらい、その事実は大きな印象として私の胸元を襲った。
小学生から中学生になると同時にそれほど近い距離感にはなくなってしまったプロレスが、なぜこれほどまでに30歳になった自分を締め付けるのか。
それは本当に、不思議なくらい大きな印象であり、大きな影であり、大きな現実。
晴れ渡った空も、今日に限っては悲しい青色に見えて、ただひとり部屋から出られない午後を過ごした。
ありがとうという言葉は、今日はまだ使う気になれないなぁ。
| 日記 | 00:35 | comments(43) | trackbacks(0)
5月23日(土)
今朝は久々にキテレツな夢。格闘技イベント当日でソワソワした街、街といっても今の住まい周辺。仮想自宅横のホットドッグ屋に寄ると隣には戦闘竜。ガッチリシェイクハンド交わす小生はマブダチ設定の模様。どうでもいいが戦闘竜にホットドッグはよく似合う。雑な挨拶とグッドラック的なエールでお茶を濁す最中、小生の背中をトントン2度叩き通り過ぎるオジサン一名。咄嗟に振り返りフォーカスを当てる。足早に遠ざかる御仁はかのフクダ元首相、含みのある眼差しとともに小生を手招きしている。ホットドッグの似合うフトマッチョに別れを告げ総理の向かう先へ。そこは銀行で、総理はその要職であるよう。例の如くボソボソと話す総理の手元には件の格闘技イベントのチケットが2枚。周囲の目を伺いつつ手早く小生のポッケに突っ込むと支店奥の偉そうな椅子へ着席、そしらぬ顔。あなたとは違うんです。やっぱり超人だこの人は。なんなんだこの夢は。
そういえば結婚することになりました。こういうジブンゴトを人々に伝えるのはナカナカムツカシイなぁと実感しつつ、IT革命を利用してヒトマヅご報告マデ。
| 日記 | 11:13 | comments(6) | trackbacks(0)
初夢見ず
090101_1032~01.JPG
仕事を終えたイモ判たち。
さぁ宛名書かんと。
| 日記 | 10:34 | comments(1) | trackbacks(24)
新年
081231_1820~02.JPG
今年は名古屋で落ち着いてガキ見つつの年越し。
思えば去年は雪山での越年やったなぁ、ひとりっちゅうのは今年も変わらず。

さぁそばも食ったし、そろそろ年賀状書こう。今年は10月に堀った甘藷を使ったイモ判です。
ことよろ。
| 日記 | 02:32 | comments(1) | trackbacks(1)
ICHI
近所のショップ99がローソンストア100に変わっていた。

ドラえもんの生まれが21世紀でなく22世紀だと教えられた以来の衝撃。
| 日記 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(9)
ほろ酔い小ネタ集
一、
今朝初夢を見た。
ゴジラ並に巨大な実姉がレモンの着ぐるみで街を練り歩く夢。
街を壊すでも何をするでもなくただただ前へ歩いていた。
割と目はしっかりしていたので何らかの目的があったのだと思う。
次回レム睡眠につづきを期待したい。

一、
実家に帰ってきてから4回連続でトイレ流し忘れた

一、
初夢の件を姉に話したらニコリともせず、
「あ〜、福井新聞の占いで"ビタミンCが重要"って書いてあったさかいな〜」
と予想だにしないカウンターを返された。

一、
両親、姉、甥と昼ごはんを食べたのだが、昼寝して起きたら独りだった。


手酌のビールは大瓶3本目に突入中。
山野家らしい正月で実に落ち着く。
| 日記 | 16:32 | comments(2) | trackbacks(47)
今日は実家
080102_1127~01.jpg
昨日から大きく場面は変わりここは実家。
昨昼〜昨晩にかけて美濃大日岳より直行してきたのだが、スノーボード後の8時間弱の運転、しかもほぼ全域が雪道という割と過酷なドライブを経て、ボチボチ肉体にもへたり感が出てきた。

そんなわけで今日は寝覚め早々、最近近所にひょっこりできたスーパー銭湯へ。
入湯券をフロントに持って行くと、ロッカーキーと一緒にアスパラドリンクを渡された。
「どうぞ〜」と言われた以外特に説明もなくしばし困惑したが、バイトの兄ちゃんの自然な笑顔に妙に納得し、ぼくはロッカーキーと、そしてアスパラドリンクを受け取った。

新年だから何なのか結局よくわからなかったが、その田舎なりのホスピタリティがやけに切なく、1年ぶりに会った親の背中がやけに小さく見えた的な胸の締め付けを覚えた、そんなお正月2日目。

明けましておめでとうございます。
| 日記 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0)
ゆく年くる年
080101_1331~01.jpg
年末年始と言えば実家で鼻糞なぞほじくり倒しているのがこの28年間のお決まりであったが、今年は趣向を変え、大晦日から美濃の山奥に籠り雪山での年越しを敢行した。

当地に着くとそこはモコモコ白銀の世界、その豪雪っぷりは想像を遥かに上回るレベルで、周辺の交通は完全にパニック、というよりはもう町中の道がゲレンデと化していた。
タイヤチェーンでは対応しきれないのか100〜200mごとにハザードを焚いたクルマがスタックしており、なかには目の前で180をキメてくれるクルマなんかもいて、みんな雪山を楽しんでるな〜といった趣。
ほかにも予告なき通行止めやマラソンのゴールテープみたいな倒木、真横を向いて全車線+ローソンの入口をふさぐトラックや龍神池みたいなデコボコ道など、こりゃマリオカートかたけし城かというブービートラップ祭で、終始大興奮の旅となった。
トンネルの出口に段差があって我がハイエース号が見事な小ジャンプを決めたときなどは着地と同時に思わず声が出てしまい、マイケル・ナイトのリアクションの正当性にひとり頷いたりもした。(ナイトライダーね)

話を戻すが、そもそも今回は何を思って年越しの場に雪山を選んだか?
それはリアルマリオカートに興じるため、ではもちろんなく、なんとなくひとりでどこかに行きたいと思っていたらいい雪が降ってきたから、ぶらりスノーボードしに行ったわけだ。
そんなわけで新年早々スベってスベってスベリ倒すというなんとも縁起の悪い年始を選んでしまったのだが、5回スベっても1回はウケる銀のエンゼルのようなたくましさを持って、このミレニアム9年目を強く生き抜いていきたい。

今年もよろしくお願いします。

| 日記 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0)
なんでまた
071013_1640~01.jpg
ゆるい…
| 日記 | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0)
サラリーマンの墓場
久々に午前様が続く日々。
胸一杯の睡眠を切望する欲しがり屋さんなカラダを引きずりつつ、あー疲れたとi-シャッホーのイヤホンを両の耳にセット。
へーこらとチャリンコを漕ぎ出した刹那、流れたその曲は「ヘッドライト・テールライト」byみゆき中島。

正直、しみた。
この胸の琴糸(こといと)を、あぁ熱く優しく爪弾かれたってやつさ。
認めたくはないがいまの自分、サラリーマンど真ん中である。
とうとうここまで来てしまったかとどこか嘆かわしくもある、そんな自分に今宵は五木ひろし御大の一曲を捧げたい。


終着駅 おまえを失くせば
人生など 空っぽのカバン
終着駅 死ぬ気で来たのに
勇気もない俺を 笑ってよ

終着駅 違う名を名乗り
明日から 生きるのもいいね
終着駅 夜明けさえくれば
別な俺の 始発駅になる
| 日記 | 03:36 | comments(0) | trackbacks(0)
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

  



・・過去分・・
・・おすすめの逸品・・
・・最近の・・
・・月ごと・・
・・コメント・・
・・リンク・・
▼書いてるひと▼